ゴルフのルールはそこまで難しくありません。ですがそれでも、初めての方にとってはとっつきにくいと感じることでしょう。

そこでこの記事では、ゴルフの基本中の基本のルールを紹介していきます。

ゴルフコースについて

ゴルフコースは18のホールで構成されていて、前半の9ホールをアウトコース、後半の9ホールをインコースと呼びます。この18ホールを1番ホールから順番に回り、18番ホールを回りきるとラウンドが終了となります。

スコアについて

各ホールには「パー(数字)」というものが設定されています。この数字より少ない打数でカップに入れるとスコアはマイナスされます。同じ打数なら変わらず、多い打数なら多かった分がプラスされます。最終ホールが終わった時点で、もっとも数字が低いプレイヤーが勝者となります。