ゴルフの起源については、イギリスのスコットランド、またはオランダといわれています。ただゴルフについて文献に記載があるのは、スコットランドのものに多く、現代のゴルフの直接の先祖としては、スコットランドといって間違いないでしょう。

初期の頃はモグラの穴を利用したり、ウサギの巣穴に小石を打ち込んだなど、原始的な遊びでしかありませんでした。しかし徐々にルールが形作られていき、1457年スコットランド国王ジェームズ2世によってゴルフの禁止令が出された事実から、この時代にはある程度スポーツの体を成していたと考えられています。

日本のゴルフの歴史

日本に初めてゴルフ場ができたのは1901年。英国商人が自分たちで楽しむために作ったもので、これが日本のゴルフの最初といわれています。